腰椎椎間板ヘルニア

  • 腰から足にかけて痛みとシビレがある
  • 痛くてずっと座っていられない
  • 足を曲げるとシビレが強くなる
  • 腰が痛くて何もできない
  • 足の筋力が弱っている気がする

腰椎椎間板ヘルニアの原因は?

腰椎椎間板ヘルニアとは

背骨の骨と骨の間にある椎間板というものが一部飛び出して神経に当たり

腰の痛みや足への痛み・シビレをきたしているものをいいます。

 

【腰椎椎間板ヘルニアの原因】

腰椎椎間板ヘルニアは

多くの場合、日々の生活での負担が積み重なり発症してしまいます。

例えば

引越し業者さんのように重いものを持ったり

長時間運転をする長距離ドライバーさん

スポーツで腰に負担がかかり負傷してしまったり

腰に負担がかかる動作が多い人ほど腰椎椎間板ヘルニアになりやすいと言えると思います。

特に男性の場合は

デスクワークの方に比べると3倍ほど発症しやすいようです。

また最近では、喫煙による影響も腰椎椎間板ヘルニアを発症しやすいと言われているようです。

 

【腰椎椎間板ヘルニアが発症しやすい年齢や部位はありますか?】

腰椎椎間板ヘルニアは

20代から40代の男性に多くみられます。

腰椎の構造上

第4腰椎と第5腰椎の間

第5腰椎と仙骨の間で発症しやすいです。

 

【腰椎椎間板ヘルニアの検査方法】

腰椎椎間板ヘルニアの検査方法には、筋力と神経の検査と病院などで行われるMRI検査があります。

筋力と神経の検査で一般的なのがSLRと言われる検査です。

足を図のように上げて痛みやシビレが誘発されるようであれば陽性となります。

 

MRI検査は病院で行う検査で

レントゲン検査だけでは判断しづらい際に用いられる検査です。

レントゲンでは写らない椎間板や神経を写し出してくれるので病院では確定診断する際に用いられます。

 

 

腰椎椎間板ヘルニアの施術方法

【腰椎椎間板ヘルニアの施術方法】

8割以上のほとんどの方は

施術・リハビリで症状はだんだん良くなってきます。

しかし、中には施術を行っても症状が変わらない、だんだん悪化してしまうという方がみえます。

そのような患者様には、病院やクリニックと連携しながら施術を進めていきます。

接骨院では電気施術・手技療法を行い

病院・クリニックでは痛み止めの注射や内服薬などを行います。

1割に満たない方が手術適応となりますが、ほとんどの方は手技やリハビリで回復してきます。

 

【接骨院での腰椎椎間板ヘルニアの施術内容】

まず電気施術を行い痛みを少しでも取っていきます。

患部をホットパックにて温める事で症状も若干和らぎます。

そこに手技療法を行います。時には骨盤矯正が必要であったりもします。

 

アクセス・料金表

初めての方は、問診も行いますので施術も含めトータルで60分くらいお時間をいただいております。

→アクセス・料金表