四十肩

  • 寝ているとき、肩の痛みで目が覚める
  • 肩が上に上がらない
  • 服を脱いだり着たりする際に痛い
  • 痛み止めの薬や注射に頼りたくない
  • 昔みたいに肩を正常に動かしたい

四十肩の原因は?

四十肩、または肩関節周囲炎と呼ばれる疾患は、肩の関節周囲に炎症が生じ、肩の痛みや可動域の制限をもたらす状態です。これは若い世代でも見られることはありますが、一般的には40代の人々によく見られます。

四十肩の症状は、炎症期と凍結期に分かれており、炎症期では強い痛みがあり、肩の可動域が制限されます。対照的に、凍結期では鈍い痛みが持続し、肩の動きが非常に制約されます。このため、痛みが周期的に緩和し、再び悪化することで、慢性的な肩こりと混同されることがあります。

四十肩を無視すると、日常生活に支障をきたすだけでなく、睡眠不足や全身の疲労感なども引き起こす可能性があります。特に夜間痛が特徴的で、夜中に痛みが増すことがあります。これが続くと、睡眠の質が低下し、日中の活動にも悪影響を及ぼすことがあります。

四十肩は早期段階で適切なケアが必要です。症状の進行を防ぐためにも、専門家の指導を仰ぎながら、適切な治療を受けることが勧められます。

四十肩が起こりやすい人

四十肩の発症に影響を与える要因を考えてみましょう。まず、最も重要なのは姿勢です。

猫背姿勢や巻き肩の習慣がある人は、四十肩のリスクが高まります。猫背は肩関節の動きを制限し、長時間同じ姿勢を続けることで肩に負担がかかり、炎症が起こりやすくなります。同様に巻き肩も、肩周りの筋肉や組織の不均衡が四十肩を引き起こす要因となります。

特にオフィスワークや長時間のパソコン作業が多い人は、同じ姿勢を続ける傾向があり、四十肩のリスクが高まります。猫背姿勢の改善は、四十肩の症状を軽減するために非常に重要です。

さらに、長期間にわたって無視された肩こりも四十肩の発症に影響を与えます。持続的な肩こりは筋肉の硬直を引き起こし、肩関節の可動域を制限する可能性があります。早めに適切な治療を受けることで、症状の進行を防ぐことが大切です。

当院の四十肩の施術

当院では、四十肩に対するアプローチにおいて、姿勢だけでなく他の潜在的な要因も徹底的に調査します。日常生活における負担や痛みの原因についてもカウンセリングを行い、改善策を提供します。

四十肩の中でも、痛みが強い場合はまず痛みを軽減する施術を行い、その後に姿勢の調整を行うことがあります。身体のバランスの崩れが問題となっている場合、包括的な姿勢改善の施術を行います。なお、当整骨院では、ソフトな手技を用いて施術を行い、急激な調整は行いません。幅広い年齢層に対応し、安心して治療を受けていただけます。

肩関節は長期間にわたって使用されるため、早めのケアが重要です。四十肩の痛みに悩む方は、ぜひ当院にご相談ください。私たちは、あなたの健康と快適な生活をサポートいたします。

四十肩に関するQ&A

四十肩と五十肩の違いは?

四十肩と五十肩は、肩関節周囲に炎症が生じ、肩の痛みや可動域の制限を引き起こす症状です。これは医学的には肩関節周囲炎とも呼ばれます。通常、この症状は40代から50代の年齢層でよく見られ、そのために四十肩や五十肩と名付けられていますが、実際の病態に大きな違いはありません。当院では、四十肩と五十肩に特化した専門的な治療を提供しています。

 

四十肩、五十肩の原因は?

四十肩や五十肩の原因は、主に加齢に伴う変化が影響しているとされています。一般的には、具体的な原因はまだ完全に解明されていませんが、疲労、不良な姿勢、肩周りの筋肉の緊張、血行不良などが症状の誘因とされています。

当院を訪れる患者さんの中には、姿勢の悪さが四十肩や五十肩の原因と関連している方が多く見受けられます。同様に、長時間の疲労が痛みを引き起こす可能性があります。適切な姿勢の改善や疲労の管理が、症状の軽減や改善に役立つことが期待されています。

執筆者:柔道整復師
めいほく接骨院総括 院長 田中雅大

私は小学校3年生の時から柔道をしていたため、ケガも多く腰椎椎間板ヘルニアを患い手術をした経験もございます。そのような経験から、辛い痛みで苦しんでいる方の力になりたいという想いから現在に至ります。
名古屋市瑞穂区の地域の方々に少しでも愛される存在になれるよう努力してまいります。

「めいほく接骨院 瑞穂区桜山院に来て良かったな!」と感じて頂けたなら、これ以上の幸せはありません。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。