股関節の痛み

  • 股関節が痛くて正座できない
  • 股関節をかばっていたら腰も痛くなってきた
  • 歩くと股関節周りが痛い
  • 靴下を履くなどの動きがしにくい
  • 階段の上り下りが痛い

股関節の痛みについて

股関節とは

股関節は寛骨臼(骨盤)と大腿骨頭(太ももの骨)からなる関節になります。

股関節は臼状関節と呼ばれ、多方向への運動が可能なため他の関節と比べて可動域が広いことが特徴です。

その分、負担がかかりやすく、安定のしにくい関節になります。

その為、股関節の周りには大きいのから小さいのまで数多くの筋肉があり、股関節を安定させるための靭帯などもあります。

股関節はとても重要な関節であるため筋肉や靭帯などの軟部組織もたくさんあり、股関節の痛みは、骨盤を支える筋肉や靭帯、足とつながっている筋肉が関係しています。

また、股関節に痛みがある場合、痛めている場所をかばってしまい、腰や膝などにも大きな負担がかかり、股関節だけでなく別の場所も痛みが出てくることがあるので注意が必要になります。

痛みを我慢してそのまま何もしないと股関節の軟骨に変形やすり減りで、変形性股関節症となってしまう場合もあります。

股関節の痛みは、関節に異常がない場合は、股関節周りの筋肉に負担がかかり痛むことが多いので、動かさず安静にしていると痛みは和らぎ、動くことが少なければ痛みは治まります。

筋力の低下、スポーツでの使いすぎなど原因は様々ですが、動かしづらくなると痛みも強くなる傾向があります。

しかし、歩行や運動時にかかる負担は変わらないため、再発しやすい痛みです。

関節の骨の異常も診断や痛みの種類から、疑わしい場合はきちんとお伝えし整形外科での診察をオススメいたします。
一言に股関節の痛みといっても、原因はひとり一人違ってきます。

また、股関節の痛みを腰痛や臀部の痛みなど股関節以外での痛みとして訴えることもあります。

ご自身での判断は痛みを長引かせ悪化させてしまうかもしれませんので早めにご相談ください。

 

変形性股関節症

股関節の痛みの中で代表的なものが変形性股関節症になります。

変形性股関節症は原因が不明な一次性股関節症と原因となる基礎疾患に基づく二次性股関節症に分けられます。

一次性股関節症は加齢などによって股関節に負担がかかり、関節軟骨がすり減ったり関節支持組織(靭帯や腱、皮膚、血液など)の機能が低下したりすることで痛みが発生します。

二次性股関節症の多くは先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全からくるものが股関節症全体の80%と言われています。

症状としては痛み、可動域制限、跛行などが見られます。

痛みに関しては股関節痛だけでなく臀部(お尻)や大腿部(太もも)、膝上部でも痛みを訴えることがあります。

可動域制限については初期ではあまり制限は見られませんが、症状が進行するにつれて内旋、外転、屈曲、伸展と徐々に動きが制限されていきます。

伸展制限が起こることによる屈曲拘縮は、

健側(障害がない側)の股関節を最大まで屈曲させると、患側(障害がある側)の太ももが浮き上がり膝下に隙間が出来る(トーマステスト)ことで計測します。

 

 

股関節の痛みの治療

股関節の痛みの施術方法

股関節の痛みの原因は一人一人違ってきます。

そのため、その人の症状や原因に合わせて治療方法は変える必要があるため、めいほく接骨院瑞穂区桜山院では皆さんの症状をしっかりと問診でお聞きして、その人に合わせたオーダーメイド治療を行っています。

多くの場合は股関節内での炎症、姿勢不良や筋肉の緊張、筋力低下で痛みが見られます。

また、日常生活において股関節には必ずといっていいほど負担はかかります。

そのため、痛みの改善だけでなく再発予防も行っていく必要があります。

骨盤矯正プログラム

股関節を支える筋肉は腰や足などに繋がっている筋肉がかかわってきます。

体の土台となる骨盤や背骨などの体の歪みや筋肉のバランスが悪くなってしますと、

筋肉の緊張や負担の増加が起こってきます。

そのため当院では姿勢のゆがみやバランスを検査し、症状の改善とともに根本的な原因を探っていきます。

身体の歪みがあったり、左右の筋肉バランスが悪い状態を残してしまうと、一度症状が治っても再発する可能性があります。

そのような場合は、当院独自の骨盤矯正プログラムで姿勢改善を行い、投球フォームや体のバランスを整えていきます。

患部だけに対してアプローチをかけるだけではなく骨盤や、姿勢なども調整して根本治療につなげます。

 

 

ハイボルト治療

股関節に負担がかかることによって起こった炎症からくる痛みには、炎症を抑えて安静にしていることが必要になります。

炎症を早く抑える治療法としてめいほく接骨院瑞穂区桜山院にはハイボルトという電気機器も使って施術を行っています。

ハイボルト療法には大きく分けて

  • 痛みを抑える(短時間で早期に痛みの緩和ができる)
  • 微弱電流によって傷ついた組織の早期回復を促進
  • 痛めた場所を特定する

という効果があります。

怪我の治療の場合は微弱電流(マイクロカレント)と呼ばれる非常に弱い電流を患部に流します。

組織の損傷した場合、細胞の生体電流に異常が発生します。

それを修復しようと損傷電流と呼ばれる㎂単位の微弱な電流が体に流れます。

ハイボルト療法で流す微弱電流も同じような電流を流すため、損傷の修復・回復を早めることができます。

股関節にかかる負担によって起きた微細な損傷に対してハイボルトの微弱電流を流すことで早期治療を図ります。

また、微弱電流は非常に弱い電流のため体感としてはあまり電気を感じません。

しかし、あまり電気を感じていなくても体の中ではしっかりと治療を行っています。

そのため、電気の刺激が苦手な方も安心して受けて頂けることが可能です!

 

 

プロテクノEXE

めいほく接骨院瑞穂区桜山院にある電気機器の中でも、プロテクノEXEはかなり強い電気刺激が流れる電気になります。

股関節の痛みの原因には周辺筋肉の筋力低下や筋肉の緊張もあります。

股関節は靭帯や筋肉が多く集まるため、手技だけではほぐせないところも出て来ます。

その部分を電気の刺激を与えることにより筋肉に柔軟性を取り戻します。

プロテクノEXEは筋肉と神経を同時に再教育することをコンセプトに開発されました。

プロテクノEXEは「低周波」「中周波」「高周波」を含んだトリニティウェーブと言われる特殊な波長によって従来の電気機器(低周波や中周波)では届かない深さまで体に電気刺激を送ることができるため、周辺筋肉の緊張や筋力低下を表層と深層ともに改善することができます。

 

 

楽トレ

腰回りにある体幹(インナーマッスル)と呼ばれる体を支える筋肉が弱っていたり、うまく使えていない肩が近年多くみられます。

体幹が弱い分周りで補助をしなくてはいけなくなり、結果的に負担の増加に繋がります。

楽トレは世界で初めて鍛えることのむずかしい筋肉である

体幹(インナーマッスル)を鍛えることができる機械として特許を取得した機械となっています。

股関節の痛みに対する施術の目安時間と料金表

初めての施術は問診(症状や患者様の日常生活での負担などお聞きさせていただきます)も行いますので60分ほど、お時間をいただいております。

急ぎの方はご予約を取られる際にスタッフにお伝えください。

→アクセス・料金表

平日夜20時まで受付しております!

交通事故のケガでの治療は21時まで受け付けております。

土曜・日曜・祝日も営業しています!日曜・祝日は午前のみの診療になります。

お正月、GW、お盆などは休みの場合がありますので一度お電話にてお問合せ下さい。

地下鉄桜山駅6番出口から徒歩0分で通いやすい◎

予約制で待ち時間ほぼなし◎

専用駐車場2台分あり◎

専用駐車場がいっぱいの時は連携駐車場がありますのでそちらをお使いください。