産後骨盤矯正

  • 下半身が太った気がする
  • 産後から股関節が痛い
  • 身体が疲れてしんどい
  • 骨盤周りの肉が落ちない
  • 産前のズボンがはきたい

産後の骨盤矯正はなぜ必要なのか?

産後の骨盤の状態は、腰やお尻周りのお肉が取りづらくなる要因の一つとなります。産後の育児や日常生活は大変なもので、妊娠・出産によって骨盤が開き、腰が反りやすくなるため、体への負担も増えることが多いです。抱っこや子供の世話をする際にうつむく姿勢をとることも多く、疲労がたまりやすいですね。

産後骨盤矯正は、妊娠と出産に伴う骨盤の開きを正すための施術です。妊娠中、女性ホルモンの一つである「リラキシン」が放出され、これが靭帯を弛緩させ、骨盤内部の圧力を上昇させます。これにより、骨盤上部が開き始め、出産時に骨盤の広がりが生じます。

産後、特に出産時にはリラキシンの放出が最大となり、骨盤が広がることがあります。これが、体型の変化や余分な脂肪がつきやすくなる原因となります。普通分娩の場合、骨盤の上部と下部が広がりますし、帝王切開の場合でも骨盤上部が主に広がります。

産後骨盤矯正は、このように開いた骨盤を元に戻すための専門的な施術です。開いた骨盤を整え、体型を戻し、腰や肩の不調を緩和することができます。産後の体調を整え、日常生活を快適に過ごすために、産後骨盤矯正は有効なアプローチです。

産後の骨盤矯正には大きく2つの種類があります。それぞれの特徴と目的をご説明します。

  1. 姿勢を正す産後骨盤矯正: 姿勢を正す産後骨盤矯正は、妊娠中に変化した姿勢を元の正しい姿勢に戻すことを主眼としています。妊娠中にお腹が前にせり出し、骨盤が前傾し、腰が反り腰のようになりがちです。この状態を改善し、正しい姿勢を取り戻すことで、腰痛や姿勢に関連する不調を軽減し、日常生活の快適さを取り戻すことが目的です。
  2. 開いた骨盤を閉じる産後骨盤矯正: 開いた骨盤を閉じる産後骨盤矯正は、妊娠および出産に伴って骨盤が四角く広がってしまった状態を逆三角形に戻すことを主要な目的とします。骨盤の上部や下部、特に上部が広がり、体型が変化しやすくなるため、これを元の形状に戻すことで体型を回復させます。また、開いた骨盤を閉じることで、腰痛や肩こりを軽減し、体の調子を整えます。

どちらの産後骨盤矯正も、妊娠および出産による体の変化を補正し、体調の回復と日常生活の快適さを取り戻すのに役立ちます。適切な矯正方法は、個々の体型や症状に応じて選ばれるべきです。専門家の指導を受けながら、自身に最適な産後骨盤矯正を選択しましょう。

産後骨盤矯正の時期は?

産後の骨盤矯正には正しい方法とタイミングが非常に重要です。以下にその重要なポイントをまとめます。

  1. 適切なタイミング: 産後の骨盤矯正は、最適なタイミングで始めることが大切です。一般的には出産後2〜3ヵ月から、産後6ヶ月くらいの間が適切とされています。この時期に骨盤矯正を行うことで、効果的に骨盤のゆがみを矯正し、体型を整えることができます。
  2. 正しい方法: 骨盤矯正は正確な知識と技術が必要です。誤った方法で行うと、骨盤に負担をかけたり、逆にゆがみを悪化させる可能性があります。専門家の指導を受け、正しい方法で骨盤矯正を行いましょう。
  3. 産後骨盤ベルトの活用: 産後骨盤ベルトは、産後の骨盤矯正をサポートするためのアイテムです。正しい使い方で活用することで、骨盤の安定を促進し、腰痛や姿勢の改善に役立ちます。
  4. 整体や専門家のアドバイス: 産後の骨盤矯正は、自己流で行うのではなく、専門家や整体師のアドバイスを受けることをおすすめします。個々の体型や状態に合わせた効果的なプランを立てることができます。
  5. 継続的なケア: 骨盤の状態を改善し、体型を整えるためには、短期間で完治するのではなく、継続的なケアが必要です。定期的な骨盤矯正や運動、健康的な食事などが習慣になることで、効果が持続しやすくなります。

最終的に、産後の骨盤矯正は体型の改善だけでなく、腰痛や姿勢の改善、健康全般に良い影響を与える重要なケア方法です。適切な方法とタイミングで取り組むことで、理想の体型と健康を取り戻すことができます。

矯正しないと様々な問題が起こります

産後の骨盤の変化は非常に重要で、その影響は広範囲に及びます。以下に、産後の骨盤変化がもたらす可能性のある問題について詳しく説明します。

  1. 月経不順: 骨盤のゆがみや圧迫が、月経サイクルに影響を与え、不規則な生理周期や過多な月経などの月経不順を引き起こすことがあります。
  2. 便秘と痔: 骨盤の変化が腸の動きを妨げ、便秘を引き起こすことがあります。また、便秘が慢性化すると痔の発症リスクも高まります。
  3. 尿漏れ: 骨盤の筋肉が弱まり、尿失禁のリスクが増加します。特に咳やくしゃみ、笑いなどで尿漏れが起こりやすくなります。
  4. 姿勢の変化: 骨盤のゆがみは全身の姿勢に影響を与え、猫背やO脚などの姿勢の問題を引き起こす可能性があります。
  5. 冷え症: 骨盤の血液循環が悪化することで、下半身の冷え症が発生しやすくなります。
  6. 坐骨神経痛と腰痛: 骨盤の変化が神経や筋肉に圧力をかけ、坐骨神経痛や腰痛の原因となることがあります。
  7. むくみ: 骨盤の血液循環が悪化すると、足や下半身にむくみが現れやすくなります。

これらの問題は産後の骨盤矯正を通じて改善できる可能性があります。適切な方法とタイミングで骨盤矯正を行うことで、これらの症状を緩和し、健康的な生活を取り戻すことができます。専門家の助言を受け、自身の状態に合わせたケアを行うことが重要です。

めいほく接骨院の産後骨盤矯正は?

めいほく接骨院の施術方法は非常に優れており、痛みをほとんど感じずに体の調整を行うことができる安心で効果的な方法です。この施術法は機能異常を起こす筋肉を調整することに焦点を当てており、骨盤周辺の筋肉をソフトにアプローチします。以下に、めいほく接骨院の特徴的な施術法について詳しく説明します。

  1. 痛みがほとんどない: めいほく接骨院の骨格調整は、痛みをほとんど感じさせないソフトなアプローチを採用しています。この施術法は急激な骨の動きや強制的なボキボキ音は発生させません。
  2. 筋肉調整: 筋肉は骨盤周辺についており、体の不調の根本原因になることがあります。めいほく接骨院は機能異常を起こす筋肉を調整することで、体のバランスを取り戻します。
  3. 反射を活用: この施術法はお体の反射を利用して、正しい状態に戻していきます。反射を使うことで、骨盤や背骨の矯正を痛みなく行えるのが特徴です。
  4. 最高峰の施術法: めいほく接骨院の施術法は、オリンピックの金メダリストやプロ格闘家に提供されている最高峰の手技を取り入れた独自の方法です。その高い品質と効果は多くの患者さんから実感されています。
  5. 即効性: めいほく接骨院の施術は即効性に優れており、施術後には痛みの解消だけでなく、身体のバランスが取れ、軽くなり、動きやすくなると多くの患者さんから報告されています。
  6. 身体全体の改善: この施術法を受けた方からは、痛みの解消に加えて、体のバランスの取れ方、冷え性や便通の改善、足のむくみの軽減など、身体全体の改善が報告されています。

めいほく接骨院の施術は、安心して受けられる痛みのない方法で、身体の健康と調整をサポートしています。個々の状態に合わせた施術を提供し、患者さんが健康的な生活を取り戻すお手伝いをしています。

執筆者:柔道整復師
めいほく接骨院総括 院長 田中雅大

私は小学校3年生の時から柔道をしていたため、ケガも多く腰椎椎間板ヘルニアを患い手術をした経験もございます。そのような経験から、辛い痛みで苦しんでいる方の力になりたいという想いから現在に至ります。
名古屋市瑞穂区の地域の方々に少しでも愛される存在になれるよう努力してまいります。

「めいほく接骨院 瑞穂区桜山院に来て良かったな!」と感じて頂けたなら、これ以上の幸せはありません。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。