ぎっくり腰

  • 急に立ち上がった時に腰を痛めた
  • 重いものを持ち上げて負傷した
  • 普段から疲労がたまっている
  • 腰が重だるい
  • 今まで何回もギックリ腰になっている

⇒腰の痛み

⇒腰椎椎間板ヘルニア

⇒坐骨神経痛

⇒腰部脊柱管狭窄症

ギックリ腰の原因

ギックリ腰とは???

前かがみになった瞬間や重い物を持ち上げた瞬間などに突然腰に「ピキッ」とした強い痛みが走ります。「重い物を持たないとならない」そういう認識の方もいると思いますが、ベッドや布団から起き上がった時や顔を洗おうと前かがみになった時など何気ない日常動作で突然痛くなることもあります。

ギックリ腰は正式には「急性腰痛症」と言います。

読んで字の如く急激に発症した腰痛を指し、欧米ではその激しい痛みから「魔女の一撃」とも呼ばれています。

そもそも、なぜギックリ腰になってしまうかというと…

原因は様々ではありますが、多くは腰周辺の筋肉の固さが原因になります。

普段の動作では何ともないことが、カラダが疲れていると腰や骨盤を支える筋肉が疲労し固くなってしまっている時にギックリ腰は起きやすいです。

そしてその筋肉の固さをさらに固くしてしまうのが身体のゆがみです。

カラダがゆがむと筋肉が緊張しやすくなるからです。

ギックリ腰は今まで一時的な腰痛と思われていました。

多くの場合、安静にしていれば一週間~~二週間程度で自然に痛みは引いていきます。

しかし、時間の経過によって痛みの改善が見られない、下半身に痛みやシビレと言った症状(坐骨神経痛)が出現した場合などは椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などの病気が隠れていることがあります。

痛みを我慢せずにめいほく接骨院で痛みの治療するようにしましょう!!!

ぎっくり腰を予防するためにはどうしたらいいの?

ぎっくり腰の原因ははっきりしておらず、様々な状況で発症します。

したがって有効な予防法も一概には言えませんが、多くの場合は筋肉の緊張から痛みが強くなる場合が多く見られます。

そのため、日常生活での動きや姿勢に気を付けたり、十分な筋力や柔軟性を保つことが重要になります。

具体的には、

  • 腰だけでなく膝も曲げて物を拾うようにする。
  • 腹筋や背筋などを十分に鍛える。
  • 股関節を柔らかくし、腰の負担を分散させる。

などが挙げられます。

ぎっくり腰とコルセット

ギックリ腰の痛みは、経験しないと分からないほどつらいと言われますが、痛みの強さに幅があります。

ほとんどの場合は歩行や起き上がったりなどができないくらい痛みがひどく激痛に顔をしかめるような痛みですが、強めの腰痛ではあるが歩行などには問題ないくらいの痛みの場合もあります。

特に痛みが強い場合はコルセットをつけると少し楽に過ごせるという方が多く見られます。

ぎっくり腰は痛みが強い場合が多いため、ぎっくり腰で悩む方はまず第一に通常通りの日常生活に戻ることが重要となります。

まずは痛みをよくすることが重要になりますが、治療の過程でお仕事などどうしても体を動かさざるを得ない時もあります。

その場合は、体への負担をできるだけ軽減できるようにコルセットなどを使用すると良いです。

コルセットをつけるにあたって、「コルセットをつけていると筋力が落ちてしまうのでは」と心配する方もおられますが、短期間であれば特に問題ありません。

ただ、日常的にコルセットを使用していると腰周りの筋力の低下や腰や背骨の可動域の減少につながることがあります。

そのため、痛みが落ち着いてきたりしたら仕事の時や家事の時のみ使用するなどして、日常的に使用するのを避けるようにしましょう。

ぎっくり腰はなぜ痛いのか・・・

ぎっくり腰はなぜ痛いのか?

その理由の一つとして、腰の骨を支える靭帯や腰を支える筋肉に急激な負担がかかり負傷することによって、それが神経を刺激して激しい痛みが出るというのが考えられております。

強い捻挫を起こしたのと同じ状態になりますので「腰の捻挫」とも言われております。しかし、痛みの原因はそれだけでなく、腰の中央に連なる腰椎の関節とその周りの膜(関節包)、さらに椎間板(軟骨)などが傷つき、神経を圧迫することからも起こります。
人によってまた原因も様々ですが、こうした痛みが重なることで強い痛みになることが多いです。
普段運動をする習慣がない方の場合には、運動不足などにより腰を支える筋肉が弱くなり、腹筋と背筋のバランスが釣り合わなくなってしまうことがあります。また、腰椎と腰椎を繋ぐ関節や骨の間にある椎間板が変形し、椎間板ヘルニアなどを起こしている場合もあります。こうした場合では、ぎっくり腰を起こすと症状もひどくなりがちなので、特に注意する必要があることも覚えておきましょう!

ギックリ腰の施術方法

ギックリ腰になってしまったら

できるだけ早めに【めいほく接骨院 瑞穂区桜山院】へご来院ください。

患者さんの中でよくあるお話が自宅のベッドで安静にしていました。という返答です。

イギリスの医学誌に掲載された研究結果にベッドでの安静にしていたと答えたグループが一番回復が遅かったという意外な結果がございます。

ただ単に安静にしていることは、症状を長引かせることがあるようですね。

 

めいほく接骨院の施術方法は

まず特別な電気施術で痛みをできるだけ抑えていきます。

→ハイボルト施術

このハイボルト施術は、トップアスリートも使用する電気施術でギックリ腰の激痛を軽減させてくれます。

そして痛みが軽減してきたところに骨盤矯正の手技療法を行っていきます。

→骨盤矯正プログラム

骨盤矯正というとボキボキバキバキといったイメージをされる方も多いと思いますが

めいほく接骨院の骨盤矯正はソフトで優しくおこないますので安心してください。

ギックリ腰の痛みを取ることはもちろんですが、骨盤矯正により痛みが出にくい身体にしていきます。

 

ギックリ腰にならないための予防について

治療家による施術を行いながら自宅や日常生活での気をつけるポイントを紹介させていただきます。

自宅でできるのは柔軟体操です。ストレッチですね。筋肉の固さを柔らかくする効果があり、テレビを観ながらでもいいのでやってみてください。

毎朝のラジオ体操もおススメです!

日常生活で気をつけるポイントは、床のものを拾う際には腰を曲げるのではなく膝を曲げて物を拾うようにして下さい。

これだけでも腰への負担はかなり違います。

 

【患者さんからよくある質問】

Q:コルセットは寝ている時も付けていた方がいいですか?

A:寝ている時は外してください。

※痛みが強い時はコルセットを寝るとき以外はしていた方が良いでしょう。しかし、痛みが軽減してきたら少しづつコルセットを外している時間を増やしていくといいです。腹筋や背筋が弱ってしまいますからね。

 

Q:夜、寝ている姿勢はどうしたらいいですか?痛くて寝られないです。

A:基本的には自身の楽な姿勢を探して寝てください。横向きになって膝を抱えるように腰をエビのように丸くして寝ると楽だと言われていますよ。

ギックリ腰の目安時間と料金

初めての施術は問診(症状や患者様の日常生活での負担などお聞きさせていただきます)も行いますので60分ほど、お時間をいただいております。急ぎの方はご予約を取られる際にスタッフにお伝えください。

→アクセス・料金表

平日夜20時まで、交通事故治療は夜21時まで受け付けております!

土曜・日曜・祝日も営業しており、日曜・祝日は午前のみの診療になります。

お正月、GW、お盆などは休みの場合がありますので一度お電話にてお問合せ下さい。

地下鉄桜山駅徒歩0

予約制で待ち時間ほぼなし

専用駐車場完備

専用駐車場がいっぱいの時は近くのコインパーキングと連携していますのでそちらをお使いください。