坐骨神経痛

  • お尻から下肢にかけてしびれや痛みがある
  • 腰を反ったり曲げたりするとよりつらくなる
  • 坐骨神経痛で歩くのも痛い
  • 足の痺れが改善しない
  • 足の感覚が鈍くなることがある

腰の痛み

⇒ギックリ腰

⇒腰椎椎間板ヘルニア

⇒脊柱管狭窄症

坐骨神経痛とは・・・

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛は神経組織に異常があるわけではなく、何か原因になる病気があるときに生じる症状であって、病名ではありません。

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症などが原因で神経を圧迫してしまい、坐骨神経痛になることが多いと言われています。

坐骨神経は、腰から太ももを通って足先に伸びる神経です。

腰椎やお尻の筋肉などのどこかの部分で坐骨神経を圧迫すると痛み・痺れなどの症状が起こります。

他にも排尿障害や排便障害がありますが、このような症状が出た場合重篤になる可能性が高く手術をすることが多くなります。

坐骨神経痛を引き起こす疾患としては腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、梨状筋症候群などがあります。

坐骨神経痛の原因

腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアも腰椎に異常が起きることによって

坐骨神経が圧迫されることで下半身に痛みやシビレを誘発してしまいます。

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアは脊柱管内に突出した椎間板により場微神経根が圧迫されることで坐骨神経痛が引き起こされます。

椎間板の中には靭帯の様な役目をしている線維輪が破綻することで、ゼリー状の髄核と呼ばれるものが繊維林からいるべき中心部から逸脱してしまい神経を圧迫します。

加齢によって進行する椎間板の変性に伴い、症状が出現しない場合もある。

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症とは場微神経根の通路である脊柱管を構成する骨や椎間板、関節、靭帯などが何らかの原因により脊柱管が狭くなってしまい神経が圧迫された状態のことをいいます。

狭窄の原因は大きく分けると先天性と後天性の2つに別れます。

腰部脊柱管狭窄症には坐骨神経痛の他に間欠性跛行と呼ばれる歩行障害があります。

間欠性跛行とはしばらく歩いていると足に痛みやしびれが徐々に出てきて、少し休むとまた歩けるような症状です。

バス停の1区間を休みなく歩けなかったり、10分以上続けて歩けなくなることもあります。

腰部脊柱管狭窄症では身体を背屈したりすると症状が悪化し、前屈の方が楽になります。

そういったこともあり前傾姿勢になる自転車に乗る分には症状は現れません。

梨状筋症候群

坐骨神経が梨状筋が筋肉の緊張など何らかの原因で緊張し、坐骨神経を圧迫することで発生します。

梨状筋症候群は梨状筋が長時間筋肉が緊張するとおこりやすくなります。

原因としては臼蓋形成不全などの先手性と、運動時以外での反り腰や長時間の座位などで発症しやすくなります。

症状としては

  • 臀部から下肢にかけての痛みと痺れ
  • 張り
  • 冷感や灼熱感
  • 長時間の座位不可
  • 筋力低下

などがあります。

また、仙腸関節障害や椎間関節障害などを併発している可能性もあります。

 

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛は臀部や太もも、ふくらはぎ、足先にかけての痛みやしびれのほかに、冷感や灼熱感、締め付け感などいろいろな症状が起きます。

人によって軽いシビレや痛みだけの人もいれば、歩行が困難なほど強い痛みを感じる人もいます。

多くの場合で症状は太ももの後ろや臀部などで現れますが、坐骨神経痛は一部分のみ症状が現れることもあれば、下肢全体に現れる場合もあります。

坐骨神経痛の施術方法

坐骨神経痛に効果がある施術方法

めいほく接骨院では坐骨神経痛でお悩みの患者様に対して坐骨神経痛の症状の緩和だけを目的にせず、原因部分を見つけ出し症状の出ない健康なお身体の状態を目指すための施術を行なっております。

特に坐骨神経痛に対しては骨盤矯正や電気治療、手技療法を組み合わせて行う根本治療は当院独自の治療技術です。

【特別な電気治療】

①ハイボルト治療

②プロテクノエグゼ治療

③楽トレ

様々な治療器がございます。

坐骨神経痛の治療器としてどれも効果的ではございますが患者様の症状に合わせて使い分けております。

あなた様にあう治療プランを立てさせていただきます。

骨盤矯正プログラム、猫背矯正

坐骨神経痛の症状は腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などが原因で現れますが、姿勢の悪さによってその症状が悪化する場合があります。

めいほく接骨院瑞穂区桜山院では痛みやしびれなどの症状を骨盤や背骨の状態の改善、筋肉の状態の改善などを行い、症状が早く落ち着くように施術を行いつつ、その後も症状が悪化しないような予防も同時に行っています。

骨盤の歪みだけでなく猫背や巻き肩も腰回りや臀部回りの筋肉の緊張につながります。

めいほく接骨院瑞穂区桜山院ではバキバキとした矯正法は一切行っていないので女性の方やお子様でも安心して治療して頂けます。

坐骨神経痛に効果のある電気機器

めいほく接骨院瑞穂区桜山院には様々な治療機器があります。

症状や経過状況によって使う電気機器を変えて、坐骨神経痛の症状改善や症状の予防ができるようにサポートさせて頂きます。

ハイボルト療法

坐骨神経痛の症状が強い場合によく使用されます。

ハイボルト療法には大きく分けて

  • 痛みを抑える(短時間で早期に痛みの緩和ができる)
  • 微弱電流によって傷ついた組織の早期回復を促進
  • 痛めた場所を特定する

という効果があります。

坐骨神経痛の場合、症状が現れる場所と神経を圧迫している原因箇所が違う場合があり、ハイボルト機器を使うことで症状の改善と一緒に症状が起きている場所の特定をすることもできます。

プロテクノEXE

めいほく接骨院瑞穂区桜山院にある電気機器の中でも、プロテクノEXEはかなり強い電気刺激が流れる電気になります。

プロテクノEXEは筋肉と神経を同時に再教育することをコンセプトに開発されました。

坐骨神経痛の症状がある場合、神経圧迫する原因にもよりますが、筋肉の緊張が症状の悪化に関係することが多くあります。

プロテクノEXEは「低周波」「中周波」「高周波」を含んだトリニティウェーブと言われる特殊な波長によって従来の電気機器(低周波や中周波)では届かない深さまで体に電気刺激を送ることができ、筋肉の緊張や痛み、表層と深層ともに筋力を強化することができます。

楽トレ

楽トレもプロテクノEXEと同じようにスポーツ復帰する際の再発予防として使われます。

その中で楽トレは特にインナーマッスル(体幹)を鍛えることに特化しています。

インナーマッスル(体幹)は姿勢維持にとても重要なものになります。

この筋肉が弱いとせっかく良くなった姿勢も時間の経過とともに徐々に元の悪い状態に戻ってきてしまいます。

めいほく接骨院瑞穂区桜山院で使っている楽トレは世界で初めて鍛えることのむずかしい筋肉であるインナーマッスルを鍛えることができる機械として特許を取得した機械となっています。

 

 

 

今まで、他の整形外科や整骨院に通ったけど症状が改善しなかった方や

足の痺れがなかなか取れず気になって仕方ないといったお悩みをお持ちの方

めいほく接骨院までご相談下さい。

坐骨神経痛のアクセス・料金表はこちら

初めての施術は問診(症状や患者様の日常生活での負担などお聞きさせていただきます)も行いますので60分ほど、お時間をいただいております。

急ぎの方はご予約を取られる際にスタッフにお伝えください。

→アクセス・料金表

平日夜20時まで受付しております!

交通事故のケガでの治療は21時まで受け付けております。

土曜・日曜・祝日も営業しています!日曜・祝日は午前のみの診療になります。

お正月、GW、お盆などは休みの場合がありますので一度お電話にてお問合せ下さい。

地下鉄桜山駅6番出口から徒歩0分で通いやすい◎

予約制で待ち時間ほぼなし◎

専用駐車場2台分あり◎

専用駐車場がいっぱいの時は連携駐車場がありますのでそちらをお使いください。