外反母趾

  • 歩くと痛い
  • 高いヒールを履くことが多い
  • 足の親指の付け根が腫れている
  • 靴がきつく擦れる
  • 足の親指が外側を向いている

外反母趾の原因は?

外反母趾とは・・・

外反母趾とは足の親指(母趾)が人差し指(第2趾)のほうにくの字に曲がり、付け根の関節の内側が突き出て痛みが出ている状態をいいます。

元々は靴の歴史が長い欧米人に多く見られましたが、最近では日本でも増加しています。

外反母趾の原因と病態

外反母趾の方は偏平足になることで発生しますが、一番の原因は靴を履くことです。

特にヒールの高い靴を履くことがある女性に多く見られます。

他にも

  • 生まれつき偏平足ぎみ
  • 母趾が人差し指より長い
  • 靴が小さい
  • 肥満と筋力低下
  • 遺伝

などが外反母趾になりやすい特徴になります。

健常な人の足には縦のアーチと横のアーチがあります。

外反母趾ではこの縦と横のアーチが崩れる(偏平足)ことによって母趾の中足骨が内側に開き指先は逆に外側に圧迫されてしまいます。

外反母趾は主に痛みと母趾(第一趾)が外側を向く(外反)変形をしますが、それとともにバニオンと言われる滑液包の炎症によって痛みや腫脹、発赤が生じます。

さらに変形が強くなると、母趾(第一趾)が示趾(第二趾)の底側に入り込み、示趾(第二趾)と中趾(第三趾)の付け根に胼胝(タコ)を形成し、そこでも痛みが生じることがあります。

外反母趾では基本的には痛みがありますが中には痛みを伴わない外反母趾もあります。

しかし、痛みがないからといって安心はできません。

外反母趾の方は足のアライメントが崩れていますので重心のかかりが悪くなり、足が疲れやすい、姿勢が悪い、腰・膝・首などが痛い、肩こりがひどいなどその他の症状に繋がる場合も多くあります。

(参考文献)公益社団法人 日本整形外科学会 外反母趾

 

外反母趾に似た病気

・内反小趾
内反小趾も外反母趾同様にハイヒールなどつま先の狭い靴を履くことで発症する病気になります。

症状も外反母趾と同じようなものになりますが、外反母趾は親指の関節が小趾側曲がる(外反)するのに対して、内反小趾は小趾が親指側に曲がる(内反)病気です。

 

・モートン病
この病気もハイヒールなどつま先の狭い靴を履く頻度が高い方や、しゃがんで作業をすること多い方に発症します。

つま先立ちになることによって足底指神経が圧迫され、痛みや末梢部分の感覚障害、チネル兆候などが生じます。基本的には足底挿板を使って症状改善を行うため、手術適応になることは少ないです。

 

外反母趾に対する施術方法

外反母趾の施術方法

外反母趾は靴がすれることによって炎症が起こります。

まずはその炎症を抑えることが重要になります。

それと同時に擦れる原因を改善しないと痛みが出たり収まったりを繰り返します。

めいほく接骨院では外反母趾でお悩みの患者様により早く症状改善してもらえるようにしつつ、外反母趾が起こる原因部分を見つけ出し症状の出ない健康なお身体の状態を目指すための施術を行なっております。

外反母趾の治療で炎症を抑える以外に行うこととしては

  • 足のアライメント改善(偏平足)の解消
  • 足に合った靴を履く
  • 筋力強化
  • 足のアライメント異常による姿勢不良や痛み(腰や首肩)の改善

などがあげられます。

骨盤矯正プログラム

外反母趾は足のアライメントが崩れることによって起こります。

しかし、足のアライメントが崩れると体のバランスも不安定となり、外反母趾だけでなく姿勢不良や腰痛、肩こりなどの問題も起こってきます。

また、姿勢不良による重心の乱れが足への負担をより大きし、より症状を悪化させる場合もあります。

めいほく接骨院瑞穂区桜山院では姿勢矯正も行うことで、外反母趾と一緒に腰や肩の痛みの改善も行っていきます。

バキバキとした矯正法は一切行っていないので女性の方やお子様でも安心して治療して頂けます。

 

外反母趾に効果のある電気機器

ハイボルト

痛みを抑えるためにはまず炎症を抑えることが重要になります。

めいほく接骨院瑞穂区桜山院には炎症を早く抑えるためにハイボルトという電気機器も使って施術を行っています。

ハイボルト療法には大きく分けて

  • 痛みを抑える(短時間で早期に痛みの緩和ができる)
  • 微弱電流によって傷ついた組織の早期回復を促進
  • 痛めた場所を特定する

という効果があります。

外反母趾により炎症が起きているため、微弱電流(マイクロカレント)と呼ばれる非常に弱い電流を患部に流します。

組織の損傷した場合、細胞の生体電流に異常が発生します。

それを修復しようと損傷電流と呼ばれる㎂単位の微弱な電流が体に流れます。

ハイボルト療法で流す微弱電流も同じような電流を流すため、損傷の修復・回復を早めることができます。

靴で擦れることによって起こる微細な損傷に対してハイボルトの微弱電流を流すことで早期治療を図ります。

また、微弱電流は非常に弱い電流のため体感としてはあまり電気を感じません。

しかし、あまり電気を感じていなくても体の中ではしっかりと治療を行っています。

そのため、電気の刺激が苦手な方も安心して受けて頂けることが可能です!

 

テーピング・生活指導

外反母趾は足の母趾が外側を向いてしまうことにより、足のアライメントが崩れた状態になります。

これをテーピングなどを使い親指を固定して外側を向かないように補助をしてあげます。

これによって足のアライメント改善を助けつつ、靴が擦れて痛みが出ないように補助もしてくれます。

足のアーチが低下する要因の一つとして筋力低下があげられます。

外反母趾改善で日常生活で出来ることとして、足の筋力を強化をします。

床にタオルを敷き、足趾でそのタオルをつまみ寄せる運動をします。

その他、アーチの改善として足底挿板(インソール)を使ったりなどします。

また会わない靴を使うことによって足のアライメントが崩れるため見直す必要があります。

i

初めての施術は問診(症状や患者様の日常生活での負担などお聞きさせていただきます)も行いますので60分ほど、お時間をいただいております。

急ぎの方はご予約を取られる際にスタッフにお伝えください。

→アクセス・料金表

平日夜20時まで受付しております!

交通事故のケガでの治療は21時まで受け付けております。

土曜・日曜・祝日も営業しています!日曜・祝日は午前のみの診療になります。

お正月、GW、お盆などは休みの場合がありますので一度お電話にてお問合せ下さい。

地下鉄桜山駅6番出口から徒歩0分で通いやすい◎

予約制で待ち時間ほぼなし◎

専用駐車場2台分あり◎

専用駐車場がいっぱいの時は連携駐車場がありますのでそちらをお使いください。