交通事故による打撲・捻挫

  • 交通事故後の後遺症が不安
  • 首を動かすと激痛が走る
  • リハビリをしたい
  • ケガから早期復帰をしたい
  • 歩行中に車と衝突して事故にあった

 

⇒交通事故によるむち打ち

⇒整形外科と接骨院の違い

⇒交通事故に遭ってしまったら

⇒交通事故保険について

⇒交通事故での病院や整形外科と接骨院の上手な通院方法

 

一般的なケガの施術

めいほく接骨院 瑞穂区桜山院では鎮痛効果を期待できる専用機器で早めに炎症を抑え、手技療法で全身のケアをしつつどこが痛みの原因かを見極めながら施術にあたります。

 

怪我の早期回復はもちろん後遺症を残さないようにし普段の日常生活に戻れるよう施術を行います。

一般的なケガの治療

交通事故によるケガは通常のケガとは少し違います。

痛みや違和感だけでなく、頭痛や耳鳴り、めまいなども起こってきます。

またその日その日の天気や気圧、体調などによって症状の浮き沈みも出てきます。

特に交通事故のケガはしっかりとした治療を行わないと後遺症として残ってしまうリスクもあります。

そのため、早い段階で適切な処置を受けることが重要です。

ちょっと痛いくらいと後回しにしない

交通事故のケガでは捻挫、打撲、挫傷、肉離れが多くみられます。

一口に交通事故といっても入院が必要なほど大きな事故から少しコツンと軽くぶつかったような軽い事故まで様々な交通事故があります。

そのため、交通事故に遭ってもほとんど痛みや違和感がないような方も見られます。

むち打ち症を「少し捻挫したけど痛みがないから」と、初期の大切な手当てをおろそかにしてしまうことがあげられます。

むち打ち症の中にはいくつか種類があり、その中で最も多いのが「頚椎捻挫型」と呼ばれるものです。

「捻挫」とういと足首や手首をちょっと捻じっただけ・・・というようなイメージが強くなぜか多くの方が軽く見てしまいがちです。

しかし、専門家からみれば逆にこの捻挫ほど厄介なものはないと思っています。

安静にしていないと症状が悪化してしまう

むち打ち症は骨折や脱臼はなく、痛みや可動域制限が主な症状になります。

交通事故の規模や状況によってはこの症状がほとんど見られないこともあります。

骨折や脱臼であればしっかりと治療をするために安静にしたりしますが、

捻挫の場合は整形外科クリニックの先生も固定することはあまりなく、本人も症状がほとんどないからと症状の回復に努めようというのが、特に仕事などが忙しいと後回しにしてそのままになりがちになります。

また、むち打ち症のような固定がしずらい場所はなおさらです。

本来むち打ち症は負傷部位の炎症が治まるまでは安静が必要になります。

炎症の急性期を超えて落ち着いてくれば、お身体を温める(温熱療法)も効果的で、マッサージやストレッチ、電気治療などの施術も合わせて行っていくとより早い回復が期待でき、後遺症が残るリスクを抑えることができます。

これらのことはなかなか一人ではできないので、整形外科クリニックや接骨院での施術が必須になってきます。

痛みが和らいでも自分勝手な判断は禁物

治療を続けていくと症状が徐々に改善してきます。

症状が回復しかけて痛みも和らいだころに「もう大丈夫!」と患者様自身で判断してしまい無理を重ねてしまうと、さらに症状を悪化させてしまったり再び同じ個所を捻じってしまったりしてしまうことがあります。

むち打ちでのケガは日常生活や気圧などの天気に症状が左右されることが多々あります。

そんな日でも症状が安定して調子がいい状態が本来の体です。

そのため最終判断は専門家へお任せください!

交通事故後の捻挫・打撲の施術内容

めいほく接骨院はむち打ち施術を専門に行っている接骨院です!

めいほく接骨院は交通事故を専門で行っている顧問弁護士や行政書士の先生と連携を取り合いながら進めることもでき、連携をとっている整形外科クリニックをご紹介させていただきます。

他の接骨院でも交通事故の施術をしていますが、むち打ちの症は後遺症が残りやすいので専門に取り扱う必要がございます。

なぜならその日の体調が日によって変わりやすいからです。

寒さや天候によっても痛みの変化があるのでその状況によって力の強さを変えたり、施術メニューを変えることもあります。

そのため、他の院で行われるような首を引っ張る機械(牽引器)が毎回同じキロ数で引っ張るということはございません。

むち打ち症は、治らないとあきらめずに一度ご相談ください。

 

交通事故後の施術方法

交通事故による捻挫、挫傷、打撲、肉離れの治療をする際は、電気施術や手技療法、温熱療法、運動療法などを主に行っていきます。

また、電気施術も傷ついた細胞の修復を高める効果が期待できる微弱電流による弱い刺激を使います。

交通事故の際は事故による衝撃により体にケガ(炎症)やその際の筋肉の緊張が起こり、体は通常時より興奮状態になる場合があります。

それによって事故直後は痛みや違和感はそれほど感じないが、少し時間が経って落ち着いてきたころに体の痛みや違和感を感じるようになったという方も見られます。

つまり、体の状態と感覚に差異がある状態なります。

この状態で事後直後からいきなり体への刺激が強いものを使って治療をすると、逆に体を痛めてしまうことがあります。

その他の施術も同様になります。

体が緊張しないようにホットパックなどを活用して温熱療法(体を温める)ことで血行を良くしながら手技療法で筋肉の緊張を取り除きます。

交通事故後は自律神経が乱れることが多いため体がリラックスするだけでも症状が落ち着く場合もあります。

体の興奮状態や炎症の状態に合わせて運動療法も行っていきます。

筋肉は動かさないことでも硬くなったりします。

交通事故で衝撃を受けた際に体は緊張しますので

 

ハイボルト療法

ハイボルト療法には大きく分けて

  • 痛みを抑える(短時間で早期に痛みの緩和ができる)
  • 微弱電流によって傷ついた組織の早期回復を促進
  • 痛めた場所を特定する

という効果があります。

交通事故によるけがで起きている痛みはむやみに刺激を与えると逆効果の場合があります。

交通事故のケガによって患部には炎症起こっているので、微弱電流(マイクロカレント)と呼ばれる非常に弱い電流を患部に流すことによって修復の促進と痛みの抑制をします。

この微弱電流が体の中の細胞を刺激し自己治癒力を活性化させます。

そのため、炎症が早くに抑えることができ、痛みも早期改善が見込めます。

また、微弱電流は非常に弱い電流のため体感としてはあまり電気を感じません。

しかし、あまり電気を感じていなくても体の中ではしっかりと治療を行っています。

そのため、電気の刺激が症状を悪化させる心配もありませんし、電気の刺激が苦手な方も安心して受けて頂けることが可能です!

 

交通事故での施術料金・施術時間

交通事故施術でめいほく接骨院瑞穂区桜山院が選ばれている7つの理由

①夜21時まで受付しています

②専門施術で早期に回復を目指します

③特別電気機器で痛みを抑えていきます

自賠責保険は実質0円

届出など必要手続きを迅速にサポート

⑥病院・整形外科、他の接骨院からの転院もOK

病院や整形外科を紹介できます

初めての施術は問診(症状や交通事故の治療に関してなどのお話をさせていただきます)も行いますので60分ほど、お時間をいただいております。

急ぎの方はご予約を取られる際にスタッフにお伝えください。

土曜・日曜・祝日も営業しています!日曜・祝日は午前のみの診療になります。

お正月、GW、お盆などは休みの場合がありますので一度お電話にてお問合せ下さい。

地下鉄桜山駅6番出口から徒歩0分で通いやすい◎

予約制で待ち時間ほぼなし◎

専用駐車場完備◎

専用駐車場がいっぱいの時は連携駐車場がありますのでそちらをお使いください。

 

 

交通事故の詳細はこちら↓↓