交通事故治療【背中の痛み・違和感】

  • 事故後から背中の痛みが出てきた
  • 首を前後に動かすと背中の方も痛い
  • 事故の後から背中がこる
  • レントゲンでは異常がないと言われた
  • どこで治療をしたらいいのかわからない

交通事故での背中の痛み・違和感

交通事故によるむち打ち症候群は、頚部(首の部分)だけでなく、背中や腰にも広がることがあるということです。この症候群は、外部からの急激な衝撃や振動が首の部分に加えて、背中や腰部にもひどいことが多いため、患者は背中や腰の痛み、眩暈、違和感を経験することがあります。

頸部の筋肉や骨が損傷を受け、痛みや不快感が首から背中や腰に広がることは、交通事故において一般的です。 事故の際、かなりな動きや衝撃によって頸椎に加えて、背中や腰部の構造にも負担がかかります。

そのため、交通事故に遭った場合、首の痛みだけでなく、背中や腰部にも異常な症状が現れた場合、むち打ち症候群としての診断と治療が必要となります。ことが、症状の改善につながる可能性が高いため、適切な医療機関での診察と治療を受けることが重要です。

名古屋市周辺にお住まいで交通事故の被害に遭った方は、めいほく接骨院のような専門機関に相談し、適切な治療を受けることをお勧めします。

 

 

 

執筆者:柔道整復師
めいほく接骨院総括 院長 田中雅大

私は小学校3年生の時から柔道をしていたため、ケガも多く腰椎椎間板ヘルニアを患い手術をした経験もございます。そのような経験から、辛い痛みで苦しんでいる方の力になりたいという想いから現在に至ります。
名古屋市瑞穂区の地域の方々に少しでも愛される存在になれるよう努力してまいります。

「めいほく接骨院 瑞穂区桜山院に来て良かったな!」と感じて頂けたなら、これ以上の幸せはありません。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。