テニス肘

  • テニスをすると肘が痛む
  • ひどくなると力が入りにくくなる
  • 安静にしていると良くなるが使うと痛い
  • テニス肘と言われた
  • パソコンを使ったら肘が痛くなってきた

テニス肘とは?

テニス肘は、正式には「上腕骨外側上顆炎」と言います。

軽症の場合、安静にしていれば回復するため

テニス肘で実際に医療機関を受診する人はあまり多くありません。*1

*1 厚生労働省 平成26年度患者調査(傷病分類編)によると

テニス肘の総患者数は推定18,000人程度となっています。

しかしながら

中にはなかなか症状が治まらない方もみえ肘の外側に強い痛みを訴える方もみえます。

肘の外側の外側上顆と呼ばれるところに炎症を起こすことで痛みなどの症状が起こります。

テニスの片手バックハンド

パソコンでのキーボードやマウス操作

その他手首や指を細かく使う動作で傷めやすいのが特徴です。

使わなければ痛みは落ち着いてきますが

よくなったと思って練習を再開すると痛みが再び出てしまうことがございます。

(画像引用)公益社団法人 日本整形外科学会 テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

テニス肘の施術方法

急性期の場合は炎症を抑え

炎症が引いた後は前腕筋群ストレッチやマッサージなどをおこなます。

また症状の出ない体を目指すために肘に負担をかける原因となる

フォームや姿勢の不良や筋肉の緊張などの改善も行います。

無理に体を動かすようになりボールを手打ちで行ったりすると負担が増加したり

筋肉の緊張が起こりやすくなるため痛みが悪化したりします。

姿勢改善などを行い、関節の可動域と筋肉の柔軟性を回復させていきます。

また症状の軽減のためにテーピングや自身でできるストレッチなどによるケアについての指導も行います。

 

骨盤矯正プログラム

肘に痛みが出ていても必ずしもそこが原因ではありません。

そのため当院では姿勢のゆがみやバランスを検査し

症状の改善とともに根本的な原因を探っていきます。

身体の歪みがあったり、左右の筋肉バランスが

悪いとフォームやランニングなどにも影響し

一度治ってもまた再発する可能性があります。

そのような場合は、当院独自の骨盤矯正プログラムで姿勢改善を行い

投球フォームや体のバランスを整えていきます。

患部だけに対してアプローチをかけるだけではなく

骨盤や、姿勢なども調整して根本治療につなげます。

 

 

ハイボルト治療

高電圧の電気刺激を痛みの原因となる深部の組織に到達させて消炎・鎮痛を行い

人が本来持っている自然に傷を回復させようとする力(自然治癒力)をアップさせる施術器です。

刺激は強いがその分良く効きます!

電気をあてる時間も短く、短期間で症状を回復させたいなら

ハイボルト治療がおススメです!!

 

 

楽トレ

ケガをしやすかったり、骨格の歪みが出ている人は体幹の筋肉(インナーマッスル)が

弱っていたり、うまく使えていない可能性があります。

その体幹を鍛えることで体の軸が安定し、

ケガをしにくい、持久力のある身体を作ることが出来ます。

また体がより動かしやすくなり、運動のパフォーマンスも向上します。

楽トレは世界で初めて鍛えることのむずかしい筋肉である

インナーマッスルを鍛えることができる機械として特許を取得した機械となっています。

テニス肘の施術目安時間と料金表はこちら

テニス肘の施術目安時間は30分~40分

初めての方はじっくりとお話を伺いますので60分ほどいただいております。

→アクセス・料金表