膝の痛み

  • 階段が痛くてつらい
  • 立ち上がり動作がつらい
  • 正座が出来ない
  • 膝に水が溜まっているような気がする
  • 膝を捻じって痛みが強い

病気やケガみよる膝の痛み

膝の痛みは

高齢者や肥満体型の方によくみられます。

中でも痛みが強い場合や腫れが伴っている場合、痛みが長引いている場合は要注意ですね。

 

【膝の病気やケガ】

①変形性膝関節症

②関節リウマチ

③膝関節靭帯損傷

④腸脛靭帯炎

⑤半月板損傷

⑥オスグッド病

などが挙げられます。

 

【日常生活での原因と対処法】

膝の痛みは

年齢や生活習慣、仕事の内容、肥満体型などが主な原因になっています。

 

・加齢

年齢を重ねるごとに膝を支えるクッションの役割である半月板は消耗し、軟骨はすり減ってきてしまいます。

そうなってしまうと、膝に大きな負担がかかってきてしまいます。

そして、負担がかかってくると炎症を引き起こし膝に痛みが生じるようになります。

加齢による膝の痛みの対処法は、筋肉の衰えが原因の一つになってきます。

そのため接骨院では、簡単なエクササイズを指導しながら施術をしていきます。

痛みが軽減してきたら

膝への負担を考慮して、水中ウォーキングなどをおススメしています。

 

・太り過ぎ

重力の影響から、体重が重いほど膝への負担が大きくなります。

体重が1㎏増えただけで、膝への負担は3㎏増加すると言われています。

膝に大きな負担がかかり続けると膝の軟骨はすり減り、炎症を起こします。

膝へ負担を掛けないように

食事を見直したり、軽い運動を取り入れたりして体重を減らすようにしていきましょう!

 

・スポーツによるケガ

スポーツなどで膝を捻じってしまうことも良くあります。

例えば、柔道などの格闘技やバスケットボールなどの球技にも多いです。

膝にはいくつか靭帯があり、その靭帯を伸ばしてしまうケースが多いようです。

ケガをした直後は、アイシングでしっかりと冷やし膝をできるだけ動かさないようにして接骨院へ来院してください。

また、少しでも運動やスポーツでのケガを減らすように始める前には十分にストレッチをするなど体をほぐしてからスポーツに取り組んでくださいね。

 

膝の痛みに対する施術方法

膝のケガにより施術方法は様々ですが

炎症が起きているものに対しては、しっかりとアイシングを行い

特別電気治療で少しでも痛みを和らげていきます。

 

 

膝を動かすと痛みがある場合にはテーピングやサポーターで固定もしていきます。

アクセス・料金表

→アクセス・料金表