TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)

  • 手首を動かすと痛い
  • テニスをしたときに手首が痛い
  • 手首の小指側が痛い
  • 手首を回すと痛い
  • フライパンを持ったりしたときに痛い

TFCC損傷の原因は?

TFCC損傷とは・・・

TFCC損傷とは三角繊維軟骨複合体損傷の略称で、手首の小指側にある軟骨組織を痛めることによって症状が出ます。

重傷でなければ安静時に痛むことはありませんが、ドアノブを回す、ペットボトルのふたを開けるなどの日常生活で使う動作で痛みが出ます。

 

主にテニスなどのラケットを使うスポーツや仕事で手首を捻じる動きが多い方に多く見られます。日常生活で手首は良く使うため治りが遅いことがあり早めの施術をおススメします。

 

(画像引用)一般社団法人 日本手外科学会 TFCC(三角線維軟骨複合体)損傷

図のようにドアを開ける動作でも痛みが誘発される場合がございます。

 

TFCC損傷の痛みの施術方法

急性期には炎症を抑えることが最優先になります。

安静とアイシングなどをしっかりして炎症を抑えていきます。

めいほく接骨院では自己治癒力の促進と炎症を抑える効果が期待できるハイボルト療法を使い早期改善を図ります。

→ハイボルト療法はこちら

また必要に応じてテーピングなどで手首の動きを補助していきます。

 

 

炎症が治まってきたら関節の動きをよくします。

TFCC損傷は手首に負担がかかることによって痛みが出るため特にスポーツに関してはフォームの改善などで負担の軽減を行いつつ、ストレッチや手技療法を使ってリハビリを行っていきます。

アクセス・料金

目安時間は30~40分、初めての方はじっくりお話をお聞きしますので60分ほどお時間をいただいております。

→アクセス・料金はこちら

※土曜・日曜・祝日も営業

※夜20時まで受付◎