オスグッド病

  • 走ったりジャンプすると膝が痛む
  • しゃがんだり立ったりを繰り返すと痛む
  • 運動をすると痛む
  • スポーツの大会があるのでどうにかしたい
  • 安静にしているがなかなか治らない

オスグッドの原因とは?

オスグッド病とは10~15歳の成長期に多く見られる症状です。

ジャンプや屈伸動作などの動きをするスポーツをしすぎると膝の脛骨粗面部に痛みが発生します。

大腿四頭筋(太もも前面の筋肉)が付着する脛骨結節に負荷がかかり痛みが生じます。

 

(参考文献)公益社団法人 日本整形外科学会 オスグッド病

 

オスグッド病の主な原因は使い過ぎですが、その他にも筋肉の緊張や姿勢や体の重心が悪いなども挙げられます。

症状としては痛みの他に赤く腫れたり、熱を持ったりすることがあります。

オスグッド病の施術方法

オスグッドの骨盤矯正

まずは、患部に炎症があれば氷水でアイシングをしていきます。次に大腿四頭筋部に緊張が強いと思われますので、念入りに筋肉をほぐしていきます。

ただし、それだけでは痛みが取れきれないことがございますので膝以外の場所も施術する場合がございます。

膝に痛みが出ているからと言って患部にのみアプローチするわけではなく骨盤なども調整していきます。

めいほく接骨院独自の骨盤矯正プログラムで身体の歪みを整えると同時に

太ももやふくらはぎの筋肉の緊張を取り除き痛みの改善を図ります。

また炎症症状がみられる場合もあるためハイボルトを使用して消炎と自己治癒力の促進を行います。

 

⇒ハイボル施術はこちら

 

テーピング・生活指導

テーピングには筋肉の補助を行う効果があります。

大腿四頭筋の補助をテーピングで行うことによって痛みの軽減と症状悪化の防止を図ります。

また練習によって筋肉の緊張は起こるため筋肉の柔軟性を出すために簡単にできるストレッチなどを指導させていただきます。

痛みが治まっても同じように運動をしていては再発するためフォームの改善や筋力アップなどをやっていきましょう!

 

少しわかりづらいかもしれませんが、痛みの原因でもある脛骨粗面部にクロスしてテーピングを張っていきます。

アクセス・料金についてはこちら

目安時間は20分~30分、初めての方はじっくりお話をお聞きしますので60分くらい必要です。

→アクセス・料金はこちら

※土曜・日曜日も営業!!

※夜20時まで受付できます!!部活帰りでも通院できますよ!!