ジャンパー膝

  • 走ったり、ジャンプしたときに膝が痛む
  • 膝の痛みを繰り返す
  • 普段は痛くないが、運動の時に膝が痛くなる
  • ボールを蹴る動作で痛くなる
  • 安静にしていてもなかなか良くならない

ジャンパー膝の原因は?

ジャンパー膝は使い過ぎ(オーバーユース症候群)によっておこるスポーツ障害に一つです。

主にバスケットボールなどジャンプをする跳躍競技やサッカーなどのボールを蹴ったり、ダッシュを頻繁に行うスポーツに多く見られます。

また練習やスクワットなどのトレーニングを過度に行った場合でも見られます。

その他の要因としては筋肉の柔軟性の低下、筋力低下、姿勢や下肢のアライメント異常などが挙げられます。

 

膝の慢性障害膝の痛みはいろんな場所で発生しますがジャンパー膝は主に②の部分で痛みが見られます。

大腿四頭筋(太もも前面の筋肉)の収縮によって、膝蓋骨の大腿四頭筋付着部または脛骨の膝蓋靭帯付着部にストレスがかかり炎症・痛みが発生します。

特にジャンプをする競技者に多く発生するためジャンパー膝と呼ばれてますが正式には膝蓋腱炎と言います。

 

 

(画像引用)公益社団法人 日本整形外科学会 スポーツによる膝の慢性障害

ジャンパー膝の治療法

膝蓋部に痛みがあるからと言って患部にのみアプローチするわけではなく骨盤なども調整していきます。

繰り返し動作によって周辺筋肉の緊張、体の歪みや重心のズレによる負荷の増加が症状の悪化原因にもなっています。めいほく接骨院独自の骨盤矯正によって体全体のバランスを整え、痛みの原因となる大腿四頭筋を中心に周辺の筋肉の筋緊張を改善させて痛みの早期改善を目指します。

また炎症が起きているためそれを抑える必要があります。

めいほく接骨院では自己治癒力の促進と炎症を抑える効果が期待できるハイボルト療法も使い、症状改善を図ります。

テーピング・生活指導

テーピングには筋肉の動きを抑制するだけでなく、動きを補助する役割もあります。

大腿四頭筋を繰り返し使うことによってかかる負担が原因となるので、テーピングを貼って動きを補助することで痛みの軽減と再発予防になります。

周辺の筋肉の緊張も痛みの原因になるため、痛みが治まっても同じように運動をしたりしては再発する可能性があります。

そのため、自分でもできる簡単なストレッチを指導させていただいています。

その他にも再発防止のため筋力アップや運動時のフォームの改善なども行います。

アクセス・料金

目安時間は20分~30分、初めての方はじっくりお話をお聞きしますので60分くらい必要です。

→アクセス・料金はこちら

※土曜・日曜日も営業

※夜20時まで受付◎