アキレス腱炎

  • 痛みで歩くのがつらい
  • 運動をすると痛みが強くなってくる
  • 日常生活に支障が出る
  • 痛みでスポーツが出来ない
  • 朝起きた時にアキレス腱が痛い

アキレス腱炎の原因は?

アキレス腱炎とは・・・

アキレス腱炎は使い過ぎなどでアキレス腱の部分に負荷がかかることによって炎症が発生します。

炎症や微細な断裂が瘢痕化し、アキレス腱部の変性などによってアキレス腱の弾力長くなっていきます。

進行するとアキレス腱断裂になる可能性があるため早めの治療が必要になります。

主にランニングやジャンプなどを繰り返し行うスポーツに多く見られ、オーバーユース症候群とも呼ばれています。

アキレス腱炎の症状は

  • 運動時の痛み
  • アキレス腱部の腫れ
  • 熱感

などが主にみられます。

またふくらはぎの筋肉の緊張によって足の動きに制限がかかることもあります。

 

(画像引用)社会福祉法人 恩賜財団 済生会 アキレス腱炎 解説:志田義輝(済生会飯塚嘉穂病院 整形外科主任医長)

アキレス腱の施術方法

アキレス腱炎の痛みによく効く施術機器

アキレス腱炎はアキレス腱部に炎症が起きているため痛みを改善するためには炎症を抑える必要があります。

めいほく接骨院にあるハイボルトは痛みの軽減や自己治癒力の促進、炎症を抑える効果が期待できます。

→ハイボルト療法

 

テーピング・生活指導

テーピングは筋肉の動きを抑制するだけでなく補助もしてくれます。

テーピングを貼ることによって痛みの抑制と再発予防にもなります。

痛みが良くなるまでは安静にしていることが必要になります。

痛みが治まっても同じように運動をしては再発する可能性が高いため、ランニングフォームなどの改善や筋力アップなどが必要になります。

また会わない靴を使うことによってアキレス腱炎が起こる可能性もあるため見直す必要があります。

アクセス・料金

目安時間は30分~40分、初めての方はじっくりお話をお聞きしますので60分くらい必要です。

→アクセス・料金はこちら

※土曜・日曜日・祝日も営業

※夜20時まで受付◎

※駐車場完備