野球肩、野球肘

  • 投球動作をすると肘や肩が痛い
  • 痛くなったりよくなったりを繰り返す
  • 普段痛みはないが練習すると痛くなってくる
  • 痛みが強くて力が入らない
  • レントゲンでは骨に異常はなかった

野球肩、野球肘とは

野球肩、野球肘は投球動作によっておこるスポーツ障害です。

主な原因は繰り返し動作による使い過ぎや投球フォームの不良にあります。

日常生活に支障はないが投球動作をすると痛みが出てくることがあります。

そのため練習を休み、痛みが良くなったと思って練習を再開するとすぐにまた痛みが出てきてしまいます。

また、試合の出場機会が少なくなるや勘が鈍ってしまうと思ったりなどで、痛みを我慢して練習を続ける方もいます。

野球肩、野球肘の治療

安静にしていることで症状は落ち着いてきますが、痛みを取る、痛みを出ないようにする、競技は継続して行う、これらを求める方が多くいらっしゃいます。

そのためには肩のコンディショニング、体の姿勢バランスの調整、投球制限やフォーム改良などの練習が必要になってきます。

めいほく接骨院では体全体位のバランスを確認し、周辺の筋肉の状態を改善します。

バランスが整っていないと体が動かしにくくなりパフォーマンス低下や無理に体を動かすようになることで体への負担を増加させます。

チームで相談するのが理想ですが、症状が改善するまでは投球制限をしたり投球フォームについてのアドバイスなども行います。

また症状の軽減のためにテーピングや自身でできるストレッチなどによるケアについての指導も行います。

 

野球肩、野球肘の施術方法

骨盤矯正プログラム

肩や肘に痛みが出ていても必ずしもそこが原因ではありません。

そのため当院では姿勢のゆがみやバランスを検査し、

症状の改善とともに、根本的な原因を探っていきます。

身体の歪みがあったり、左右の筋肉バランスが

悪いと投球フォームやランニングなどにも

影響し、一度治ってもまた再発する可能性があります。

そのような場合は、当院独自の骨盤矯正プログラムで姿勢改善を行い、投球フォームや体のバランスを整えていきます。

患部だけに対してアプローチをかけるだけではなく

骨盤や、姿勢なども調整して根本治療につなげます。

 

 

ハイボルト治療

高電圧の電気刺激を痛みの原因となる深部の組織に到達させて消炎・鎮痛を行い、人が本来持っている自然に傷を回復させようとする力(自然治癒力)をアップさせる施術器です。

刺激は強いがその分良く効きます!

電気をあてる時間も短く、短期間で症状を回復させたいなら

ハイボルト治療がおススメです!!

 

楽トレ

ケガをしやすかったり、骨格の歪みが出ている人は体幹の筋肉(インナーマッスル)が

弱っていたり、うまく使えていない可能性があります。

その体幹を鍛えることで体の軸が安定し、

ケガをしにくい、持久力のある身体を作ることが出来ます。

また体がより動かしやすくなり、運動のパフォーマンスも向上します。

楽トレは世界で初めて鍛えることのむずかしい筋肉である

インナーマッスルを鍛えることができる機械として特許を取得した機械となっています。