腰椎分離すべり症

  • 腰が痛い
  • ずっと歩き続けることが出来ない
  • 足にシビレがある
  • 整形外科で腰椎すべり症と診断された
  • 腰を反ったときに痛くなる

腰椎すべり症の原因は?

腰椎すべり症とは・・・

腰椎すべり症とはその名の通り腰椎の一部が前方に滑り出したものをいいます。

また腰椎分離症が悪化してすべり症になることもあります。

腰椎がずれることによって脊柱管が狭くなり神経を圧迫してしまいます。

 

症状としては

  • 腰痛
  • 坐骨神経痛
  • 下半身の痛みやしびれ
  • 間欠性跛行

など腰部脊柱管狭窄症と同じような症状が出ます。

間欠性跛行とはしばらく歩いていると下半身に痛みと痺れが出て、しゃがんで休むと楽になりまた歩くことが出来ることを言います。

(画像引用)公益社団法人 日本整形外科学会 腰椎分離症

 

(画像引用)公益社団法人 日本整形外科学会 腰椎変性すべり症

 

 

腰部すべり症の施術とは?

めいほく接骨院では腰部を含めた身体全体の歪みを整えると同時に、周辺の筋肉の緊張を取り除く手技療法や背骨がずれないように支える筋肉(インナーマッスル)の教育などを行います。

その結果、神経の圧迫を取り除き痛みの出にくい身体にしていきます。

腰椎すべり症は日常生活にも支障をきたします。

早めの受診をおススメいたします!

アクセス・料金

目安時間は30分~40分、初めての場合はじっくりお話を聞きますので60分くらい必要です。

→アクセス・料金はこちら

※土曜・日曜日も営業