靭帯損傷

  • スポーツをしていたら痛くなってきた
  • 関節を動かすと痛い
  • 関節部分が腫れてきた
  • 痛い場所が熱を持ってきた
  • 局所的に強い圧痛がある

靭帯損傷とは

スポーツなどをしているとケガをしやすいですが、比較的多くみられるケガに靭帯損傷があります。

靭帯損傷は痛みも発生することがあるため、関節部分を痛めてる場合は靭帯損傷の可能性も出てきます。

主な原因としては使い過ぎに対してケアが不足している、無理な力がかかったなどがあげられます。ジャンプの着地に失敗したり足首を内側に捻じったなどで損傷します。

損傷がひどい場合は靭帯が切れてしまう可能性があるので注意が必要です。

靭帯損傷の治療

動かすと痛みが強くなるため安静・固定をしておくのが基本になります。

靭帯損傷をした際に痛みがあるとき、体の中では炎症が起こっているのでまずはそれを鎮めるために患部を冷やします。

 

めいほく接骨院は微弱電流で炎症を抑えるようにしつつ、患部をテーピングやサポーターで固定します。

また周りの筋肉が硬直しないように緊張を緩めます。

アクセス・料金表

初めての方は、問診をしっかりとしてお話をお聞きいたしますので60分ほどお時間をいただいております。

→アクセス・料金表