頭の痛み

  • 肩こりがひどいと頭痛がする
  • 慢性的に頭痛が続いている
  • 頭全体が締め付けられるように痛い
  • 頭の片側だけ痛い
  • 仕事のストレスも感じている

頭痛の原因

頭痛は主に「一次性頭痛」と「二次性頭痛」に分けられます。

「一次性頭痛」は慢性頭痛や片頭痛、緊張性頭痛がこちらに含まれます。

「二次性頭痛」は何らかの病気が原因で起こる頭痛は「二次性頭痛」に分類され、頭部の外傷によって起こる頭痛から、登山や潜水による頭痛など、いろいろなタイプの頭痛が含まれます。中でも注意したいのが、クモ膜下出血や髄膜炎といった、命にかかわる病気が原因の頭痛です。

 

【片頭痛】

片頭痛は、20歳から40歳代の女性に多くみられる頭痛で、強い痛みのせいで日常生活も支障をきたす方もいらっしゃいます。

片頭痛を起こす要因は、ストレスをはじめ急激な気圧や気温の変化、騒音や人混み、睡眠不足などが挙げられます。

【緊張性頭痛】

片頭痛の痛みはズキンズキンとした強い痛みに対して、頭を締め付けられたような鈍い痛みがダラダラと続くのが緊張性頭痛です。

緊張性頭痛は、デスクワークや運転などで同じ姿勢を長時間続けた場合に、こめかみの部分にある側頭筋や首から肩に広がっている後頸筋、僧帽筋などの痛みやコリによって起こると考えられています。

また、ストレス、緊張、不安、うつ状態といった精神的な不調も、脳が痛みを敏感に感じる原因となっている可能性もあります。

緊張性頭痛を改善するには、心身のリラックスが一番です。

お風呂にゆっくり入る、音楽を聴く、アロマをする、スポーツや運動をするなど体の力を抜けるようなリラックスタイムを作るといいですね。

 

【薬の使いすぎも頭痛の原因かも】

ひどい頭痛に悩まされ、仕事などに影響が出るような痛みだと「頭痛薬を飲めばなんとか楽になる」と考える方も多いと思います。

しかし

習慣的に服用を続けていると鎮痛薬や頭痛薬が手放せれなくなってきます。

痛みはないけど、痛くなるかもしれないから今から飲んでおこうという方も少なからずいらっしゃいます。

頭痛を治すために飲んでいる薬が、逆に頭痛をひどくする原因になる場合があります。

鎮痛薬を継続的に飲み続けると、脳などの中枢神経が敏感になり痛みを感じやすくなります。

内服薬に依存するのはお勧めできません。

 

しっかりと根本から頭痛を治すことをオススメいたします。

 

 

頭痛の施術方法

頭痛の施術方法は

電気施術で肩周りの緊張をとっていきます。

そして、肩を温めることによって血行を良くしていきます。

両肩周りの僧帽筋をゆっくりとほぐしていきます。

意外かもしれませんが、骨盤の矯正が身体の緊張をとって頭痛も軽減することもございます。

 

アクセス・料金表

初めての方は、施術も含めて60分ほど頂いております。

 

【アクセス・料金表】

→アクセス・料金表