変形性膝関節症

  • 膝の屈伸動作が痛い
  • 階段の上り降りがつらい
  • 膝を完全に伸ばすことが出来ない
  • 痛みで常に膝に違和感を感じる
  • 変形性膝関節症と言われた

変形性膝関節症とは

変形性膝関節症原因は過去に膝周りの怪我をした、膝周りの感染症が原因で起こったりもしますが、原因がわからず徐々に痛くなってくるものが大半を占めます。

原因がわからず、徐々に痛くなってくるものについては、膝の軟骨がすり減ること、膝の特に内側の骨が変形して起こるなどが考えられています。

歩行時の歩き出しや階段の昇降時に痛みを伴うことが多く、症状が進むと膝に水(水腫)が溜まります。膝を伸ばし切ることが難しくなり、また、正座のような膝を深く曲げる動作も困難になります。

軟骨の部分がすり減ってしまうため骨同士がぶつかります。

人間は膝では内側に重心が来ているため、変形の程度が進むと、膝がO脚変形することが一般的です。(X脚変形もあります)

また、中年以降の女性に最も多いとされています。

変形性膝関節症の治療

変形が比較的早期であれば、膝関節の動きをできる限り正常に近づけて、膝周辺の筋肉や軟部組織への負担を減らしていくことが大切です。

また、変形によって膝への荷重の掛かり方が安定しないので、股関節や骨盤なども調整して、可能な限り膝への負荷を減らしていくことも併せて必要です。

骨盤矯正プログラム

姿勢が悪い状態になると普段から各部位への負担が大きいくなってしまいます。

膝への負担を減らすためには普段かかっている負担から減らすことが重要です。

そのため当院では姿勢のゆがみやバランスを検査し、

症状の改善とともに根本的な原因を探っていきます。

身体の歪みがあったり、左右の筋肉バランスが

膝への負担や周りの筋肉の状態にも影響し、

一度痛みが良くなってもまた再発する可能性があります。

そのような場合は、当院独自の骨盤矯正プログラムで姿勢改善を行い、重心や姿勢の改善を行っていきます。

患部だけに対してアプローチをかけるだけではなく

骨盤や、姿勢なども調整して根本治療につなげます。

 

 

ハイボルト治療

高電圧の電気刺激を痛みの原因となる深部の組織に到達させて鎮痛を行い、人が本来持っている自然に傷を回復させようとする力(自然治癒力)をアップさせる施術器です。

刺激は強いがその分良く効きます!

電気をあてる時間も短く、短期間で症状を回復させたいなら

ハイボルト治療がおススメです!!

 

楽トレ

膝への負担が大きくなっていたり、骨格の歪みが出ている人は体幹の筋肉(インナーマッスル)が弱っていたり、うまく使えていない可能性があります。

年を重ねていくと筋力はどうしても衰えていくので余計に姿勢を支え切れずに歪んできます。

その体幹を鍛えることで体の軸が安定し、

ケガをしにくい、転倒しにくい身体を作ることが出来ます。

また体がより動かしやすくなり、外に出歩こうという意識の変化も起こってきます。

楽トレは世界で初めて鍛えることのむずかしい筋肉である

インナーマッスルを鍛えることができる機械として特許を取得した機械となっています。